茨城県合唱祭での勝田混声紹介記事

茨城県合唱祭での勝田混声紹介記事(朝日新聞より)

午前中は時々小雨。そんな中、マイカーやバスがぞくぞくと常陸大宮市の文化センターに集合してきます。本合唱祭は、茨城県内の歌を楽しむ多くのコーラス団体が一同に介して演奏する、唯一の機会です。
今年の参加団体数は53団体。Aブロック~Dブロックのうち勝田混声合唱団はBブロック最後の15番目に「潮来笠」と「恋のメキシカン・ロック」の2曲(ともに佐伯孝夫作詞/古寺ななえ編曲)を、安はるみ指揮/清水美和ピアノで演奏しました。
武蔵野音楽大学の粕谷宏美先生からは「日頃の練習もさぞや楽しいことと思います。・・・ 本当に楽しそうでした。(私も)」との講評をいただきました。さらに、翌日の朝日新聞でも、「歌声とともに、曲にちなんだ振り付で踊ったり、タンバリンと手拍子で観客とリズムを刻んだりするなど、会場が一体となって楽しんだ。」と報道していただきました。
安先生ご指導による笑顔での演奏が、観客に楽しさを届ける事ができた様です。