勝田混声合唱団は、今年茨城県で行われる「いきいき茨城ゆめ国体」、「いきいき茨城ゆめ大会」に式典音楽隊として参加します。前回茨城県で国体が行われたのは、昭和49年(1974年)と45年前ですから、時は流れ、平成を飛ばし、新しい時代の天皇を迎えて行われる初めての国体です。
音楽隊のうち合唱隊は、茨城県内の、あひる会合唱団、KVアンサンブル、茨城大学混声合唱団、日立市民混成合唱団、勝田混声合唱団の5つの団体から構成され、多数の募集から選ばれた兒玉苑香さんの「いきいき茨城ゆめ国体」のイメージソングでもある「そして未来へ」、茨城県を代表する野口雨情の歌をメドレーにした幻想行進曲「雨情」、本県になじみの深いポップスを集めた「いばらきふるさとメドレー」、前回の茨城国体と同じ行進組曲「魁」等を歌います。勝田混声合唱団は、式典会場である「笠松運動公園陸上競技場」のある唯一のお膝元の団体ですから、自然と気合も入ります。

これから、他の合唱団の方々との交流が始まります。出番は開会式と閉会式だけですが、きっと感動しますよ。そして、全国から来県する選手達を生で見ることもできます。一生に一度の大舞台です。「いい思い出を作りたい方」、「運動オンチの方で、それでも一度は国体に出場したい方」は、一緒にこの感動のイベントに参加しませんか!

(音源は「いきいき茨城ゆめ国体」のHPから、広報イメージソング「そして未来へ」です)